ラヴェル

ラヴェル

ラヴェル – ダフニスとクロエ 第2組曲(リッカルド・シャイー)

作曲時期 - 1913年 楽曲構成 - ラヴェル自身はこの作品を「舞踏交響曲」と形容しており、「この作品は交響曲的に構成されており、ひじょうに厳格な調性計画に従い、また少数の動機を手段にしている。この動機を一貫して追ってゆくと、交響曲的な...
ラヴェル

ラヴェル – 水の戯れ(マルタ・アルゲリッチ)

作曲時期 - 1901年 楽曲構成 - ホ長調、4分の4拍子、8分音符=144、きわめて優しく。 ピアノ:マルタ・アルゲリッチ
ラヴェル

ラヴェル – 演奏会用狂詩曲 ツィガーヌ(五嶋みどり)

作曲時期 – 1924年 楽曲詳細 - この曲は、献呈されたイェリーがハンガリー出身であったため彼女から得たハンガリー音楽のイメージでハンガリー・ロマの民族舞踊であるチャールダーシュの形式で書かれた。 ...
ラヴェル

ラヴェル – スペイン狂詩曲(ヘルベルト・フォン・カラヤン)

作曲時期 – 1908年 楽曲構成 - 第1曲:Prélude à la nuit(夜への前奏曲)第2曲:Malagueña(マラゲーニャ)第3曲:Habanera(ハバネラ)第4曲:Feria(祭り) ...
ラヴェル

ラヴェル – 亡き王女のためのパヴァーヌ(ヘルベルト・フォン・カラヤン)

作曲時期 – 1899年 1910年 楽曲構成 - オーケストラ版は、1910年にラヴェル自身が編曲し、1911年に初演された。「管弦楽の魔術師」の異名に恥じない華麗な編曲であるが、『ボレロ』や『左手のためのピアノ協奏曲』から連想されるよ...
ラヴェル

ラヴェル – ボレロ(ヘルベルト・フォン・カラヤン)

作曲時期 – 1928年 楽曲構成 - ハ長調で、一般的な演奏では、この曲の長さは15分程度である。 この曲は、次のような特徴を持つ。最初から最後まで(最後の2小節を除く)同じリズムが繰り返される。最初から最後まで1つのクレッシェンドのみ...
ラヴェル

ラヴェル – ボレロ 管弦楽のための舞踏詩『ラ・ヴァルス』(シャルル・デュトワ)

作曲時期 – 1928年 1920年 楽曲構成 - ハ長調 渦巻く雲の中から、ワルツを踊る男女がかすかに浮かび上がって来よう。雲が次第に晴れ上がる。と、A部において、渦巻く群集で埋め尽くされたダンス会場が現れ、その光景が少しずつ描かれてい...