リスト

リスト

リスト – 愛の夢 第3番 「おお、愛しうる限り愛せ」 S.541/3(アレクシス・ワイセンベルク)

作曲時期 – 1843年 楽曲構成 - リストの作品の中でも最もポピュラーな小品の一つである。ドイツの詩人ヘルマン・フェルディナント・フライリヒラート(1810-1876)の詩による独唱歌曲(S298) ...
リスト

ショパン – 超絶技巧練習曲 S.139(ダニール・トリフォノフ)

作曲時期 – 1852年 楽曲構成 - No.1(プレルディオ)No.2(フセ)第3番(ペイセージ)曲第4番(マゼッパ)第5番(Feux follets)第6番(ビジョン)第7番(エロイカ)No.8(ワイルドジャグド)第9番(リコルダンザ...
リスト

リスト – スペイン狂詩曲S.254(エフゲニー・キーシン)

作曲時期 – 1858年 楽曲構成 - 演奏時間は12 - 13分程度。三部形式であり、前半ではフォリア、後半ではホタ・アラゴネーサ(アラゴンのホタ)というスペインの舞曲が用いられている。終盤ではフォリアが華麗に再現される。 ...
リスト

リスト – 巡礼の年 第2年イタリア ダンテを読んで ソナタ風幻想曲(アルカディ・ヴォロドス)

作曲時期 – 1858年 楽曲構成 - 2部からなる〈神曲への序説〉という題を付けていた時期もある。標題自体はユーゴーの詩集『内なる声』の中の一篇からとられており、ダンテの『神曲』より「地獄篇」のすさまじい情景を幻想的に描き出している。「...
リスト

リスト – ラ・カンパネッラ パガニーニによる大練習曲 第3番 嬰ト短調(エフゲニー・キーシン)

作曲時期 – 1851年 楽曲構成 - A(嬰ト短調)-B(ロ長調)-A-B-A-B-A-コーダの簡単なロンド形式で書かれている。用いられる楽想はこれまでの「ラ・カンパネラ」やパガニーニの原曲と比較しても限定されているが、主題が登場する度...
リスト

リスト – ラ・カンパネッラ パガニーニによる大練習曲 第3番 嬰ト短調(アンドレ・ワッツ)

作曲時期 – 1851年 楽曲構成 - A(嬰ト短調)-B(ロ長調)-A-B-A-B-A-コーダの簡単なロンド形式で書かれている。用いられる楽想はこれまでの「ラ・カンパネラ」やパガニーニの原曲と比較しても限定されているが、主題が登場する度...
リスト

リスト – ピアノソナタ ロ短調 S.178(ネルソン・フレイレ)

作曲時期 – 1853年 楽曲構成 - 演奏時間30分前後の単一楽章で書かれている。以下の解説は、全体を四部に分けるアラン・ウォーカーの整理に従う at the University of Mar...
リスト

リスト – ラ・カンパネッラ パガニーニによる大練習曲 第3番 嬰ト短調(辻井伸行)

作曲時期 – 1851年 楽曲構成 - A(嬰ト短調)-B(ロ長調)-A-B-A-B-A-コーダの簡単なロンド形式で書かれている。用いられる楽想はこれまでの「ラ・カンパネラ」やパガニーニの原曲と比較しても限定されているが、主題が登場する度...