ショパン – 練習曲 ハ短調 作品10-12 革命のエチュード(仲道郁代)

ショパン - 練習曲 ハ短調 作品10-12 革命のエチュード(仲道郁代)作曲時期 – 1831年
楽曲構成 – この曲は同じ調で書かれたベートーヴェンのピアノソナタ第32番ハ短調を暗示させる。この曲の77~81小節と、ショパンが大いに感嘆したことで知られているベートーヴェンのピアノソナタ第32番の第1楽章(150~152小節)が類似している。

 

 

 

 

仲道郁代 革命 etude op.10 12

ピアノ:仲道郁代

ショパン
このページをSNSで共有する
アーカイブ
クラシック音楽館 Youtube鑑賞会

コメント