R.シュトラウス – 家庭交響曲 作品53(ズビン・メータ)

R.シュトラウス - 家庭交響曲 作品53(ズビン・メータ)作曲時期 – 1903年
楽曲構成 – 管楽器、弦楽器とも難度が高く、編成も大きいことから、実演ではあまり聴く機会がない。特に第4部は金管楽器を極めて躍動的に用いるシュトラウスらしく、大変賑やかな音楽が展開されている。5度以上(特にオクターブ)の跳躍フレーズが多用され、例えばトランペットのハイC連発、ホルンによるハイF連発やハイA、1オクターブ半の急下降など技術的に困難な箇所も多い。

 

 

 

R.シュトラウス/家庭交響曲 作品53/ズビン・メータ(指)ベルリン・フィル(1983年11月27日)

1983年11月27日 指揮:ズビン・メータ
オーケストラ:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

コメント