J.S.バッハ – ソナタ 第2番 イ短調 BWV1003 Andante(諏訪内晶子)

J.S.バッハ - ソナタ 第2番 イ短調 BWV1003 Andante(諏訪内晶子)作曲時期 – 1720年
楽曲構成 - クラヴィーアのための編曲(BWV964)もあるが、本当にバッハ自身の手による編曲かどうかは不明である。第2楽章の「フーガ」は287小節にも及ぶ長大なものである。また第3楽章の「アンダンテ」では、1本のヴァイオリンで、旋律と通奏低音の二声を弾くというものであり、ボウイングの高度な制御が要求される。

 

 

Akiko Suwanai – Bach Sonata No.2 in A minor, BWV 1003 (III. Andante) ( LIVE )

ヴァイオリン: 諏訪内晶子

コメント