メンデルスゾーン – 夏の夜の夢 序曲 ホ長調 作品21(小澤征爾)

メンデルスゾーン - 夏の夜の夢 序曲 ホ長調 作品21(小澤征爾)作曲時期 – 1826年
楽曲構成 - ロマンティックで表情豊かな作品ながらも古典的なソナタ形式を踏まえた序曲として構成されている。神秘的な序奏に続いて、第1主題の跳ね回る妖精たちや第2主題群に聞こえるクラリネットによるロバのいななきの描写は有名である。さまざまな特徴的な音型やあらゆる楽器の音色効果を用いて、妖精たちや動物(獣人)の住む幻想的な世界を描写している。

 

メンデルスゾーン 「真夏の夜の夢」序曲 / 小澤征爾 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1992)

1992.11.20 ベルリン・フィルハーモニーホール
指揮: 小澤征爾
オーケストラ:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

コメント