ガーシュウィン – ラプソディ・イン・ブルー(辻井伸行)

ガーシュウィン - ラプソディ・イン・ブルー(辻井伸行)作曲時期 – 1924年
楽曲構成 - 最初はクラリネットの、低音からのグリッサンドで始まる。当初はグリッサンドでなく、17音の上昇音階で記されていたが、ホワイトマン・バンドのクラリネット奏者がふざけてグリッサンドで演奏したところ、ガーシュウィンが気に入り書き改められたと伝えられる。サクソフォーン奏者に好まれて演奏されている。曲風はジャズの要素を多く含んでいる。

 

 

ラプソディ・イン・ブルー / 辻井伸行

指揮: 田中祐子 ピアノ:辻井伸行
オーケストラ:オーケストラ・アンサンブル金沢

コメント