ヨハン・シュトラウス2世 – 南国のバラ 作品388(ズービン・メータ)

ヨハン・シュトラウス2世 - 南国のバラ 作品388(ズービン・メータ)作曲時期 – 1880年
楽曲構成 – ワルツの主題は、オペレッタ『女王のレースのハンカチーフ』の第1幕「Trüffel-Couplet」(”Stets kommt mir wieder in den Sinn”)、第2幕の三重唱「野ばらが花開くところ」(Wo die wilde Rose erblüht)やロマンス(”Lichter Glanz erfüllt sein Gemüt”)(この2曲は同じメロディが使われている)、第2幕フィナーレの”Hell wie ein Strahl”、第3幕フィナーレの”Eine Königin liebt dich”などから取られており、ワルツの題名は第2幕の三重唱に触発されている。

 

 

 

南国のばら  ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート'98

ウィーン・フィル ニューイヤー・コンサート’98
指揮:ズービン・メータ オーケストラ:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

コメント