R.シュトラウス – 祝典前奏曲 ハ長調 作品61(外山雄三)

R.シュトラウス - 祝典前奏曲 ハ長調 作品61(外山雄三)作曲時期 – 1913年
楽曲構成 – 「Festlisch bewegt(祝祭的に早く) Solennemente(荘厳に)」オルガンの荘重な前奏で始まる。やがて全管弦楽が参加してにぎやかな祝典祭を繰り広げる。第2主題は弦のみでゆったりと語られる。その後対位法的に極めて技巧的に展開される。最後はバンダ(別働隊)の6つのトランペットが参加して壮大なクライマックスで終わる。

 

 

 

外山/大フィル:R.シュトラウス:祝典前奏曲

大阪フィルハーモニー交響楽団 創立50周年記念 第307回定期演奏会
指揮:外山雄三 オーケストラ:大阪フィルハーモニー交響楽団

コメント