ショパン – ワルツ 第6番 変ニ長調 作品64-1 小犬のワルツ(スタニスラフ・ブーニン)

ショパン - ワルツ 第6番 変ニ長調 作品64-1 小犬のワルツ(スタニスラフ・ブーニン)作曲時期 – 1848年
楽曲構成 – 複合三部形式による。第1部のリズミカルで美しいスケールとトリオの甘いメロディが特徴的である。変ニ長調の右手のモノローグの後に左手のワルツリズムが規則的に現れる。時に右手は人の心を歌い、左手は指揮者であると評される。冒頭の変イ音にはトリルを入れるバージョンとトリルのないバージョンが存在する。

 

 

 

Chopin03 ブーニンStanislav Bunin子犬のワルツ op 64 1

 

ピアノ:スタニスラフ・ブーニン

コメント