シェーンベルク – ペレアスとメリザンド 作品5(ユッカ=ペッカ・サラステ)

シェーンベルク - ペレアスとメリザンド 作品5(ユッカ=ペッカ・サラステ)作曲時期 – 1903年
楽曲構成 – 全曲は648小節からなり、約45分を要する。全体はソナタ形式によるが、展開部にスケルツォと緩徐楽章に当たる部分が挿入された形となっている。この形式は『室内交響曲第1番』でも踏襲される。この曲で初めてドミナントの「sus4」の解決しない形の「4度和声」が用いられた。

 

 

指揮:ユッカ=ペッカ・サラステ オーケストラ:ケルンWDR交響楽団

コメント