ラフマニノフ – エチュード音の絵 作品39-8(アルカディ・ヴォロドス)

ラフマニノフ - エチュード音の絵 作品39-8(アルカディ・ヴォロドス)作曲時期 – 1916年
楽曲構成 - 重音と叙情的な表現の練習曲。開始の曲想は第3曲に似ている。音が濁らないように、厳密なペダリングと、しなやかで独立した指、敏捷さが求められる。リズム練習曲に始まるが、中間部で息の長い、明示されたレガートの旋律線が現れ、後半部のスタッカートの部分と好対照を生している

 

 

 

ピアノ:アルカディ・ヴォロドス

コメント