ベルク – ヴァイオリン協奏曲(樫本大進)

ベルク - ヴァイオリン協奏曲(樫本大進)作曲時期 – 1935年
楽曲構成 - 第1楽章 アンダンテ」に始まる第1楽章は、古典的なソナタ形式によっており、ダンス調の「アレグレット」が後に続く。 第2楽章 猛烈な「アレグロ」に始まる第2楽章は、単一のリズム細胞にほとんど依拠している。

 

 

Daishin Kashimoto Berg: Violin Concerto

指揮: ローター・ツァグロゼク ヴァイオリン:樫本大進
オーケストラ:NHK交響楽団

コメント