ラヴェル – ボレロ 管弦楽のための舞踏詩『ラ・ヴァルス』(シャルル・デュトワ)

ラヴェル - ボレロ 管弦楽のための舞踏詩『ラ・ヴァルス』(シャルル・デュトワ)作曲時期 – 1928年 1920年
楽曲構成 - ハ長調 渦巻く雲の中から、ワルツを踊る男女がかすかに浮かび上がって来よう。雲が次第に晴れ上がる。と、A部において、渦巻く群集で埋め尽くされたダンス会場が現れ、その光景が少しずつ描かれていく。B部のフォルティッシモでシャンデリアの光がさんざめく。1855年ごろのオーストリア宮廷が舞台である。

 

 

Ravel: "Bolero" & "La Valse" / Dutoit Orchestre symphonique de Montréal (1996 Move Live)

1996.6.26 Tokyo. Japan Live
指揮: シャルル・デュトワ
オーケストラ:モントリオール交響楽団

コメント