ラヴェル – 亡き王女のためのパヴァーヌ(ヘルベルト・フォン・カラヤン)

ラヴェル - 亡き王女のためのパヴァーヌ(ヘルベルト・フォン・カラヤン)作曲時期 – 1899年 1910年
楽曲構成 - オーケストラ版は、1910年にラヴェル自身が編曲し、1911年に初演された。「管弦楽の魔術師」の異名に恥じない華麗な編曲であるが、『ボレロ』や『左手のためのピアノ協奏曲』から連想されるような大規模な管弦楽編成ではなく、むしろ『クープランの墓』(これもピアノ曲の編曲である)などに近い小規模な編成であり、旋律美と知名度に加えて、難度もあまり高くないため、演奏会のプログラムやアンコールピースとして取り上げられる機会も多い。

 

ラヴェル - 亡き王女のためのパヴァーヌ カラヤン ベルリンフィル 1985

指揮: ヘルベルト・フォン・カラヤン
オーケストラ:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

コメント