ショパン – ワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64-2(仲道郁代)

ショパン - ワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64-2(仲道郁代)作曲時期 – 1847年
楽曲構成 -嬰ハ短調、テンポ・ジュスト、4分の3拍子。変則的なロンド形式または複合三部形式(A-B-C-B-A-Bの順に各主題が循環する)。

 

 

 

Ikuyo Nakamichi – Chopin, Waltz Op. 64, No. 2

ピアノ:仲道郁代

コメント